龍使いになる意味

天職

巷では「龍神」に関係する本が氾濫しています。

知らない情報が簡単に手に入るので便利な世の中に感謝しています。

実は私は龍神に関して詳しくありません。

九州の某有名神社に龍神がいると聞いていましたが見たことはありません。自分の龍に気が付いてから、ようやくその龍神の気配を感じました。

前々からその神社を参拝すると季節外れの蝶を見たり水場でカニを見たり、宮司さんをはじめ歓迎されているように感じていましたが龍神は見えませんでした。

京都の八坂神社で龍神の気配を感じたことはありましたが、その時は自分の龍に気が付いていなかったので、気配が本当か自信がありませんでした。

そのような経緯があるので龍神を知りたくて「龍神カード」を購入したのですが、やはり見える龍と名前が一致していないことが多いと分かりました。

また「龍神」関係の本を買おうとして自分の龍に「必要ない」と止められました。

自分の経験から言えることは「本当に必要ならば龍が導いてくれる」です。

沢山の情報は逆に間違った方向を見てしまうので、注意してください。

そして情報を知ると満足して、そこで終わってしまうこともあります。

MOMOYOさんの「あなたの龍に繋がる」本は龍が買わせていると私も思います。

また買わせる(読ませる)タイミングも龍がベストな状態を選んでくれていると言えます。

2019年3月から天職として活動を始めましたが、お申し込みくださった方たちは100%龍様付きです。

MOMOYOさん経由、すいれんさん経由で来られる方が多いので「龍付き」の方のお申し込みは不思議ではありません。

最近では、依頼主さまの龍様が私へ導きセッションボタンを押されているので、ありがたいばかりです。

私もいわゆる「龍使い」と言えるかもしれませんが、世間でいう「龍使い」と若干違います。

私は前世が龍だったせいか、どうしても「龍視点」で考えてしまいます。

龍と楽しく毎日を過ごす人を増やしていきたい!

セッションでは依頼主さまの龍が大変に喜ばれます。

喜んだ龍はこれまで以上に依頼主様を全力でサポートしますので、龍との楽しい毎日を過ごして頂けます。

ただMOMOYOさんの本にもあるように、龍は重い三次元(時間を入れると四次元)ではなく次元上昇を望むので大きな気付きのイベントを起こします。

しかし、そのイベントを乗り越えて次元上昇させるように龍がサポートをするのでご安心ください。

龍との生活は、まるで漫画のようで面白く楽しいです。

ただ漫画では三次元の見え方で表現していますので、実際は若干違います。

三次元と重なるように見える時もあればイメージで見えることもあります。もちろん三次元の見え方の時もあります。

はっきり三次元で声が聞こえる時も有れば字が見える時もあります。声が脳に響くような時もあれば、脳裏に映像が見えることもあります。

三次元から上昇すると様々な状態で情報が入るのです。

夏至を過ぎてから次元上昇する人が沢山いらっしゃることでしょう。

御自身の龍に気が付き、受け入れ、「龍使い」として五次元以上の不思議な体験をたくさんしてください。

楽しみですね。

ただ「奪わない・サポートする」という宇宙の意思に沿うのをお忘れなく。

素直に信じて感謝をする方は100%龍付きの方「龍使い」です。

ありがとうございます。

コメント